最近、西川先生がタイのBLにハマっています。今日も研究室に入ってくるなり、BLについて熱く語っておられました。また、中国や韓国のBLとタイのBLとの違いについてもご教授していただき、BLの国際情勢についても学びを得ることができました。

「BLのどういうところが良いんですか?」と聞くと

「例えば、男女カップルで女性が怒ったら、男性は必ず謝らないといけない。というような暗黙のルールみたいなのがあるけど、BLはそれがない。お互いが謝って解決するから良い。」

と先生はおっしゃっていました。

スポンサーリンク

それを聞いた時に僕は素敵な関係だなと思いました。確かに、僕は知らず知らずのうちに「男性はこういう行動をするべき」というのを受け入れてしまっています。

かといって、「じゃあ女性が怒りだしても男性は謝らずにフェアな関係で行こう!」とは思いません。理由はそんなことをやりだすと、色んなことが崩壊してしまうからです。

しかし、「男女がもっとフェアな関係だったら良いのになあ」という理想は持っています。

そのジェンダー差を実際に乗り越えられるBLは、ジェンダーに囚われている僕達に色んなヒントをくれるかもしれません。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket