「この世界の片隅に」を観ました。観終わった感想としては、「言葉にできない」という感じです。

個人的には、戦争という中でも普通であり続けた主人公のすずが凄いなと思いました。

戦争はダメ、平和が1番というのは簡単でもある

よくある戦争ものの映画では、「戦争はダメ、平和が1番」というシンプルなものが多いです。一方で「この世界の片隅に」では、あくまでもその当時生きていたであろうキャラクターが中心となっています。そのため、主人公は普通の戦争映画では考えられないような葛藤を抱えたりします。

スポンサーリンク

実際のところ、当時生きていた人達ってこういった葛藤を抱えていたのではないかと思います。戦争を経験していない僕たちが戦争について考える時、こうした複雑な映画に触れてみるのも大事だと思います。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket