コロナ禍で、オンラインを活用したオンラインツアーが広がっているというニュースを見ました。僕の地元の神戸でもオンラインツアーが広がっているらしく、お酒で有名な灘をめぐるツアーをやっているそうです。

神戸で「日本酒」「スイーツ」オンラインツアー 新たな観光コンテンツ創出目指す

また、神戸の洋菓子のバージョンもあるそうで、どれも面白そうです。

毎日19時~20時15分に開催。参加費は、「白鶴 大吟醸(300ミリリットル)」「浜福鶴 備前雄町(同)」「福寿 御影郷(同)」が付く「飲み比べお手軽コース」(6,900円)、「泉酒造 特別純米生(720ミリリットル)」「白鶴 大吟醸(300ミリリットル)」「福寿 純米吟醸(同)」または「浜福鶴 備前雄町(同)」が付く「飲み比べ贅沢コース」(9,800円)。視聴のみのコース(2,000円)も用意する。

 老舗菓子店「神戸風月堂」(元町通3)と企画した「洋菓子の街神戸からお届けするスイーツオンラインツアー」では、神戸スイーツをテーマに地元在住のガイドが神戸のスイーツ店や歴史を紹介。同社本店限定品「ゴーフニャ」の製造風景を特別に見学できる。希望するツアー参加者には、「ゴーフル」「ゴーフニャ」を事前に自宅へ配送する。

スポンサーリンク

 毎日15時~16時に開催。参加費は、「ゴーフル」1缶と「ゴーフニャ」3枚が付く「レギュラーコース」(5,800円)、5人以上で申し込むことができる「お得なシェアコース」(3,800円)。視聴のみのコース(2,000円)も用意する。

 いずれもビデオ会議ツール「Zoom」を使い開催し、参加者同士が交流できる時間も設ける。

 同団体・共同代表の渡邊華穂さんは「新型コロナウイルスの影響で2020年からオンラインツアーの企画・販売を始めた。初めは個人客が多かったが最近では会社のレクリエーションや社員旅行、研修での利用も増えてきている。オンラインツアーはだんだんと新しい利用方法が生まれており、旅行とは違った楽しみ方をしてもらえる。今後も神戸市内のさまざまな企業や団体と協業し、さらに新しいコンテンツを生み出していきたい」と前を向く。

オンラインを使ったまちづくりのセミナーなども面白そう

まちづくり系の本で有名な木下斉さんなどはこうしたオンラインのツールを使って、今盛り上がっている地域にオンラインツアーするということなどをしています。実際にその地域がどんな感じなのかをオンラインで知ることができますし、当事者の方々などの話も聞けるのでとても面白いです。

【狂犬ツアー@龍野学習コンテンツ】まち歩き動画+セミナー動画で学ぶ、民間主導型重伝建地区のエリアマネジメント

オンラインを活用すればもっと面白いことができそうだなと感じました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket